マタニティ、プレママ必見!ニューボーンフォトとは?

ニューボーンフォトのポージング
ニューボーンフォトをご存知ですか?

近年日本でもマタニティフォトはだいぶ浸透してきましたが、

ニューボーンフォトの存在を知らない方は、大半を占めるのはないかと思います。
カゴに入った新生児ちゃん
ニューボーンフォトは、直訳するとNewborn Photo=新生児写真

生まれて間もない新生児を撮影した写真をニューボーンフォトといいます。

10年程前からアメリカやオーストラリア、ヨーロッパで浸透し始め、

海外ではニューボーンフォト専門の写真家がたくさんいらっしゃいます。

私自身、写真のお仕事に携わる前から海外の写真家のホームページを観るのが大好きで、

ニューボーンフォトの独特で神秘的な作品に釘付けでした。

でも当時ニューボーンフォトという名前すら知らず、

どのくらいの月齢の子を撮影しているのかいつも不思議に思っていました。

ニューボーンフォトは、大体生後2週間半以内に撮影することが理想とされています。

一番の特徴は、くるんと丸まった独特の身体の形状です。

ママの胎内にいるときに包まっていた形を

まだ記憶しているときに撮影するのです。

ニューボーンフォトは基本的に裸ん坊で、

ぐっすり眠っている間にポージングをして撮影します。

お腹を下にするポーズは赤ちゃんに安心感を与えるのか、

いったん眠りについた赤ちゃんのほとんどは、とても気持ち良さそうにスヤスヤと眠ります。

 

私自身、ニューボーンフォトの作品作りを始めようと思ったきっかけは、

出産直後に我が子の可愛い姿をちゃんと撮影できなかったことを

とても後悔したからです。

出産したらすぐに、授乳、オムツ替えと抱っこetc..に追われる日々。

慣れない育児に、精神的にもいっぱいいっぱいで、

そんな状況で我が子の素敵な写真を撮ろうという発想すら思い浮かばず、

携帯のカメラでばかり撮っていました。こちらがそのときの写真^^;。
10373666_741798909239789_5027123420223038648_n
とても恥ずかしいですが、画像が荒く、ステキ写真からは程遠い写真ばかり残っています。

後に撮影した同じ日齢の赤ちゃんの作品と比べると差は歴然ですね(><)!

ニューボーンフォトくまの帽子

この世に生まれて間もない、生命の誕生を祝福する
一番大切な宝物のような時間は、二度と戻らない。
幸せと神秘に満ちあふれているこの時期に、
家族の一生の宝物になる素敵な作品を撮影したい。
私のような思いを他のママさんにはさせたくない!

そんな想いを胸に、2013年秋ごろニューボーンフォトの撮影を始めました。

以前、雑誌nina’sニナーズに、私のニューボーンフォトの記事を掲載させて頂きました。

ページの端っこに掲載されたほんの小さな記事でしたが、

驚くことに、たくさんのお問い合わせを頂きました。

この記事でニューボーンフォトの存在を初めて知ったと

ほとんどの妊婦さんがおっしゃっていました。

nina's ニナーズ マタニティの準備

まだまだ日本では、ニューボーンフォトが浸透していないんだな〜と実感しました。

ニューボーンフォトっていう写真があるんだ、ということを

より多くのプレママ(妊婦)さんたちに知ってもらい、

撮影する、しないを選択できる時代がきたらいいな〜

と心から願っています。

今後、ブログやFacebook、そしてホームページなどを通して、

ニューボーンフォトの魅力をたくさんお伝えしていきたいと

思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す