桜を入れた子ども写真をステキに撮る3つの方法♡

桜と子ども&赤ちゃんの写真

桜が満開を迎えると、桜をバックに子どもの素敵な写真を撮りたいと、日本人の親なら誰もが思いますよね!
でも、意外と難しいことに気がつくママさんが多いのではないでしょうか?
日本の桜の代表格のソメイヨシノは、薄いピンク色。
撮ると桜が白く飛んでしまって、桜かどうか分からない写真になってしまう経験はないでしょうか?
簡単に実践できる桜フォトの3つのコツをお伝えします♪

1。晴天の日のお昼は避ける

お外で撮るときに共通して言えることは、晴天の日のお昼は、日差しが強いので顔に影が出来たり、背景が明るすぎて白飛びすることが多いので、極力避けることをおすすめします。
混み合いそうな公園では、人がまだまばらな朝に撮影すると良いかもしれません。

2。桜の枝が子どもの背丈くらいまで伸びているを探す!

私は桜の撮影の季節になると、枝が下の方まで成長している木を必死で探してます 笑。
子供の目線に桜が見えると子供も喜んでいい表情が撮れることが多いです☆また何よりも子供と桜が両方綺麗にくっきり写ります(^.^)桜と子ども
桜と子ども&赤ちゃんの写真

3。落ちている桜を子どもに持たせる

桜の背景をぼかして撮るときに、落ちている枝付きの桜を持たせて撮ることをよくします。子どもの手もとに桜があると、春の到来を感じさせる写真に仕上がります。
桜と子どもの写真

皆さまも桜の下で子どものステキ写真にチャレンジしてみてくださいね(^_−)−☆

フォトピアの出張撮影/ロケ撮影についてはこちらのホームページをご覧ください(画像をクリックできます)☆ニューボーンフォト(新生児フォト)撮影ならフォトピア

お問い合わせはこちらからお願いします(下のボタンをクリックできます)☆

ニューボーンフォトのお問い合わせ

 

 

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す