まさに芸術!海外のニューボーンフォトを知ろう♡

annegeddes

海外の本場のニューボーンフォト(Newborn Photography)は、

芸術的な作品を撮られている写真家が多くて、

写真を眺めているだけで楽しくて、

ニューボーンフォトの世界に引込まれていきます。

憧れの写真家はたくさんいますが、

スタイルが確立されていて第一線で活躍されている

ニューボーンフォトグラファー3人をご紹介します。

Anne Geddes アン・ゲデス (ニュージーランド)

Anne Geddesさんの作品は、赤ちゃんが妖精やお魚、動物になって、

まさにファンタジーの世界を作り上げています☆

「どうやって撮ったの?」と思わず声にしたくなるような作品を数多く出しています。

撮影する技術だけではなくレタッチ技術も、真似できる写真家はほとんどいないのでしょうか?

カレンダーや本も出版されていて、ニューボーンフォト業界では知らない人はいないくらいです。

こちらのHPより、彼女の世界をご堪能できます☆

http://www.annegeddes.com/(←クリックすると開きます)

annegeddes

annegeddes

annegeddes

 

 

Robin Long  ロビン・ロング (アメリカ)

彼女の作品は、白を基調としていて、とても自然体でシンプルです。

白やニュートラルな色をレースやニットなどの素材を生かして

表現豊かな写真を撮っています。

彼女自身も小さなお孫さんがいて、写真から温かい愛情が伝わってくる

私が大好きな写真家の一人です☆

http://www.robinlong.com/ (←クリックすると開きます)

robin long

from Robin Long Website

robin long

from Robin Long Website

Jade Gao ジェード・ガオ (オーストラリア)

彼女の作品の特徴は、たくさんの小道具が登場して、毎回作品のアップが楽しみです。

Facebookで頻繁にアップされているので、疲れた日にアップを見ると癒されてます^^

絵画のような、リッチな色使いも彼女のユニークなスタイルですね。

http://www.newbornphotography.com.au/blog/(←クリックすると開きます)

jade photography jade photography jade photography

今回、スタイルが全く違う3人の写真家をご紹介しましたが、いかがでしたか?

こちらの3人のみならず、Newborn Photographyで検索すると、

海外で撮られているたくさんの素晴らしいニューボーンフォトに出会うことができますよ!

ぜひ色々とチェックして、癒されちゃってください☆

 

フォトピアのニューボーンフォトについてはこちらのホームページをご覧ください(画像をクリックできます)☆
東京で、お客様のご自宅に伺って、生後2週間半以内の新生児の写真『ニューボーンフォト』を撮影しています。

ニューボーンフォト(新生児フォト)撮影ならフォトピア

ニューボーンフォトのお問い合わせはこちらからお願いします(下のボタンをクリックできます)☆

ニューボーンフォトのお問い合わせ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す