ニューボーンフォトは安心安全への取組みが一番大切です。

母と娘の美しい姿

先日、撮影現場を取材していただきまして、初めて公開しました撮影風景^^
ニンプスさんの取材してくださった撮影レポートが反響を呼び、週末に本当に沢山のお問い合わせを頂きました。
ninps.com/special/20170517154810.html

こちらの記事に関して、フォトブックデザイナーでメモアル(http://memoal.jp/)を運営されています
徳本さんがこのようにシェアしてくださいました。
ニューボーンフォトの安全面への取組みについてすごく理解して下さっている徳本さんからの視点。
とても心強いです。

↓↓↓
生まれたばかりの赤ちゃんを撮るニューボーンフォト。新生児フォト。
数年前まではほとんど知られていなかったけれど(私が知ったのも下の子が1歳を過ぎた3年前のこと)最近多くのカメラマンさんやスタジオさんが撮影メニューに加えている、人気のメニューです。
ですが、その撮影には豊富な経験と技術が必要です。
安易にママが自分の赤ちゃんを見よう見まねで撮影するのはとても危険です。
知識を持った、技術をもった信頼できるカメラマンさんにお願いするのが一番です。
こちらで紹介されているフォトピアの飯田さんはいち早くニューボーンフォト専門の出張撮影を始め、年間でたくさんの赤ちゃんに接しています。
赤ちゃんへの安心安全だけではなく、出産後のママのケアにも細心の注意を払う飯田さんの撮影スタイルは口コミでも広がり、今では予約が取りにくい人気フォトグラファー。
記事内では飯田さんの実際の撮影現場に密着しており、これからニューボーンフォトを考えているカメラマンさんも勉強になると思いますよ。
*****転載終わり*****

私の周りにいる方達やお客様には繰り返しお伝えしていることですが、生後生まれて間もない赤ちゃんを扱う撮影は、
安心安全への取り組みを何よりも大切に考えています。我流で撮影するのは大変危険です。
ニューボーンフォト専門で撮影して4年目を迎えますが、本場とされる海外での研修や様々な
e-learningのコースなど惜しみなく教育投資しながら経験と実績を積んできました。
これからは微力ながら日本のニューボーンフォト業界に貢献できるように、
フォトグラファー育成にも携わっていけたらと思っています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す