ニューボーンフォトに関する記事

ニューボーンフォト本日の作品

新生児の宇宙に浮いているような写真

先日生後ちょうど14日目の新生児の男の子を撮影させて頂きました☆
上にお兄ちゃんとお姉ちゃんがいる三番目の次男くんでした!

撮影後にママさんからメールを頂きました♡

>何年越しにずーっと楽しみにしてきましたが、想像以上で(T_T)
>声もでず、喉もかわかないくらいに、感動しました!!

このようなメッセージを頂けて本当に嬉しいですね!
お客様との素敵なご縁を頂けて感謝の気持ちでいっぱいです。

パパさんにはニューボーンフォトを撮影することは報告されていなかった(笑)みたいで、
お写真をお気に召して頂けるかとても心配してましたが、
昨日パパさんも喜ばれたと聞いてホッとしました!!
ニューボーンフォトの存在自体をご存知なかったので、
良い意味でのサプライズになったとおっしゃって頂けました♪

私のお客様の旦那さまの95パーセントの方は、
「ニューボーンフォトというものを知らなかった」とおっしゃっています。

旦那さまから奥さまへのサプライズプレゼントでご予約のお申込みを頂くくらいまで、
もっとニューボーンフォトの素晴らしさを広めていきたいですね☆

今回素敵な方に撮影に同行して頂きました!また今度ご紹介させてくださいませ☆

新生児写真で秋を感じる

ニューボーンフォト東京出張撮影|生後19日目の女の子の撮影

ニューボーンフォト小道具

夏前から男の子の撮影が圧倒的に多く、
女の子の撮影は貴重でした♡

久々の女の子のニューボーンフォトの撮影を楽しみにしていました!
私は撮影のとき、女の子親のパパさんの表情をみるのが好きです^^
目を細めて我が娘を眺めている姿をみているだけで、心が和みます。
 
そして、最近のパパさんは、イクメンが多いこと!!本当に驚きます♡

率先してオムツ替えをしたりミルクをあげたり、
パパが自然と育児に協力してる姿に感動してしまいます!

うちの主人は、
「お〜い、うんちしてるよ!」
と言ってオムツ替えはあまりしてくれたことがなかったです^^;;
時代遅れもいいところですね(笑)!

ニューボーンフォトアート

神秘的なモノクロ新生児写真
女の子のニューボーンフォト

=====================================

フォトピアの「アートとしてのニューボーンフォト」についてはこちらのホームページをご覧ください(画像をクリックできます)☆

ニューボーンフォト(新生児フォト)撮影ならフォトピア

ニューボーンフォト東京出張撮影・フォトピア|生後19日目の男の子

新生児写真

お客様からメールを頂きました♡

「とても素敵に仕上げていただきまして、主人共々感激しています!
早速、繰り返し見て幸せな気分に浸っています!
撮影からまだ3週間しかたっていないものの、現在の息子の表情とは異なっていて、
それだけ貴重なお写真を撮っていただいたと感じています。」

お客様からメールやお便りを頂くと
小さな命の始まりを写真に残せるニューボーンフォトをやっていて
本当に良かったなぁと思える瞬間です!

ご家族にとって、そしてお子様にとって、
ニューボーンフォトが宝物となりますように♡

ニューボーンフォトポーズ

モノクロのニューボーンフォト

ニューボーンフォトの新生児笑み

=====================================

フォトピアの「アートとしてのニューボーンフォト」についてはこちらのホームページをご覧ください(画像をクリックできます)☆

ニューボーンフォト(新生児フォト)撮影ならフォトピア

ニューボーンフォトをアート作品として写真を残す

アートとしてのニューボーンフォト

 

退院したばかりの生後6日目の男の子の赤ちゃんは、

まん丸く丸まって撮影中ずっと気持ち良さそうに眠っていました。

お母さんもお父さんも温かく見守っての撮影でした。

お部屋中が幸福に満ちたオーラで包まれているなかでの撮影は、

これは何ものにも代え難いものがあります。

祝福を受けて地球に生まれてきたばかりの

小さな命が与えてくれるエネルギーは

本当に凄いパワーと持っていますね。

ニューボーンフォトがこれから20年も30年もこの先ずっと。。。ご家族の宝ものとなりますように。

アート作品としてのニューボーンフォト

=====================================

フォトピアの「アートとしてのニューボーンフォト」についてはこちらのホームページをご覧ください(画像をクリックできます)☆

ニューボーンフォト(新生児フォト)撮影ならフォトピア

「赤ちゃんがすぐに泣きやみグッスリ寝てくれる本」赤ちゃんをまんまるくしてあげる♪

おひなまき

以前『泣く子も眠る?!ニューボーンフォトのおくるみポーズは「おひなまき」に似ている☆』
というブログ記事をアップしましたが、

先日ニューボーンフォトの撮影に伺った際、ママさんが赤ちゃんをサササッと
手際よくおひなまきを巻いていて、
見事な手さばきに感動してしまいました^^。

やはり、赤ちゃんは気持ち良さそうにずっと眠っていました。

ニューボーンフォトで撮影する際、
「赤ちゃんが気持ち良さそうにスヤスヤと眠っていること」が
私にとって一番大切なのですが、年間100人以上の新生児ちゃんと接していると、
赤ちゃんをまんまるにしてあげるのが
一番効果的だということを実感しています。

撮影に入る前に、なかなか眠りにつかない赤ちゃんは
まずは芋虫ちゃんのようにまんまるく巻いてあげます。
首回り以外はピタっと密着するように少しきつめに巻くと、
赤ちゃんに安心感を与えることも経験上分かってきました。

これからママさんになる方にお勧めな本があります。
「赤ちゃんがすぐに泣きやみグッスリ寝てくれる本」という本です。

骨盤ケアのトコちゃんベルトを開発されたトコちゃん先生、
渡部信子先生が書いた本ですが、
赤ちゃんの背骨の丸みを保って、
まんまる姿勢に育てる大切さを力説されています。
赤ちゃんがすぐに泣きやみグッスリ寝てくれる本

ニューボーンフォト撮影のなかで、
まだ生後一週間以内の赤ちゃんでもまんまる姿勢が苦手な
赤ちゃんと出会うことが時々あります。

なぜなのか不思議に思っていましたが、
この本によると胎内にいたときの子宮の形が大きく影響するみたいです。
まんまるの子宮が理想ですが、和式トイレやぞうきん掛けなどで
かがむ作業が少なくなった現代では、
長細いトウガン型の子宮のママさんも多いそうです。
マタニティの時期に、腰回りの筋肉など身体全体を
動かすと良いみたいですね。

赤ちゃんにとって快適な姿勢を事前に学んでおくと
少し安心して初めての子育てにのぞめるかもしれません^^

かつて娘を生んだとき、足を折り曲げて寝かしても良いのかさえ分からず
おくるみでまんまるくするなんて発想や知識がまったくありませんでした。
今振り返るとモロー反射(驚愕反射)が多く、抱っこからお布団におろすと
背中スイッチで起きることが大変多かったなと思います。
これもまんまる姿勢を保ってあげていたら、もっと眠っていたのではないかな〜と今更ながら思います^^;

さっきのおひなまきされている赤ちゃんに
話しを戻しますが、
まだ2歳満たないお兄ちゃんは、恐る恐る赤ちゃんに触って、
新しい家族の仲間入りした弟くんを
一生懸命受け止めているようにみえて感動しました☆
兄弟写真

兄弟ショットのニューボーンフォト

ニューボーンフォトのまんまるポーズ

新生児笑み

=====================================

フォトピアの「アートとしてのニューボーンフォト」についてはこちらのホームページをご覧ください(画像をクリックできます)☆

ニューボーンフォト(新生児フォト)撮影ならフォトピア